サーフボード選び方 ロングボードかショートボードか?

サーフィンをこれから始める方には大事なステップです。

ロングボードにするか、ショートボードにするかで今後のライフスタイルも変わってきますし、海にはいる場所も、乗る車も変わってくると思います。

N811_sunahamawoarukusafa-500

どちらかを選ぶ際に一番良いのは、海を見に行って、実際にサーフィンしている方たちを見たときに、一番自分に合うスタイルのサーファーの方が持っている板を選ぶということです。

または、雑誌や、インターネット等のメディアで見た感じでコレいいな~なんて思って始める方もいるかと思いますので、その思った板を選択してみると良いと思います。

実際には始めてから、ある程度乗れるようになって”転向”する方や”両方”やってみるという方も多いですので、最初は気軽に思った方を選択するといいと思います。

一番やってはいけないのは、実際にショートボードがやりたいのに、スクールやショップに行ったら”初心者はファンボードから”なんて言われてファンボードを買ってしまうことです。

元々ファンボードがやりたかったので有れば良いのですが、ショートボードがいい、ロングボードがいいと思っているのにファンボードを勧められたから。

なんていうことが普通に有るので気をつけてくださいね。

ロングボードショートボードの中間的存在のファンボードですが、一時期サーフショップでは”ファンボード”が売れる!という流れになってしまって、売りたいからすすめるという事が多かったんです。

今ではロングボードであったり、ショートボードでも色々なジャンルが有りますので、ご自分に合ったスタイルで、サーフボードで楽しんでくださいね。

 

そこでサーフボード選びのポイントですが、

ロングボードの場合

比較的波が穏やかな海向きなので、波が穏やかなポイントがホームになる予定の方、大きい波波怖いので小さい波を求めて移動する方向けです。

メリットは、小さい波でも比較的簡単に波に乗ることが出来ます。直進安定性は有るので、波に乗ってしまえば立ち上がることが容易に出来ます。

デメリットは、逆に波が大きいと浮力の大きさゆえに波のパワーを受けてしまい、ボードを保持していることが難しくなります。

参考動画 ロングボード クラッシックスタイル ジョエル チューダー

ショートボードの場合

ある程度波がある方が楽しいボードです。技などを決めたい方。波を攻めたい方向けです。

メリットはパドリングには若干力は要りますが、沖に出るにも波の影響を受けづらいので、比較的波が有っても沖に出ることが出来ます。

デメリットは波が小さいと波に乗ることが難しく、乗れてもライディングが難しくなります。

参考動画 ショートボード世界チャンピオン ケリースレーター

簡単に分類するとこのような感じですのでこれだと思うスタイルで楽しんでくださいね。

 

試しに両方やってみるものいいと思います。

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ページ上部へ戻る