サーフィン上達のために必要な考え方は?

サーフィンというのは本当に特殊なスポーツです。

特に海でのスポーツですので、自由が効きません。

私のスクールでは、とにかくベーシックからコツコツとやった人が数か月後、数年後に飛躍的に上達しています。

というより、上達し続けていくのです。

なにか飛ばして練習をしたり、練習するということを辞めてしまった方は上達が止まります。

テイクオフ一つとっても、パドリングがしっかりと出来るのか?

出来ていないならパドリングから見直して、どんな時でも安定して芯のあるパドリングが出来るまで、しっかりとパドリングをする必要があると思います。

パドリングがしっかりと出来ていないと、波に乗ろうとして焦ってパドリングしても全く進まないので乗ることが出来ません。

乗れないと思うとさらに力んで、パドリングもブレて、推進力が更になくなり、波に乗ることが出来ないまま終わってしまいます。

そんなかたを何人も見てきました。

好きな波や得意な波だとテイクオフは出来るのに、ちょっと苦手になったり、混んでいたりすると急に乗れなくなってしまう。

そうすると、サーフィンの視野が狭まってしまいます。

サーフィンってもっと自由で楽しいスポーツなのですから、いろいろなポイントや、いろいろな板に乗って、いろいろなテクニックを駆使してサーフィンを楽しむためには、自分のサーフィンの世界を狭めて欲しくはないです。

サーフィンを数か月後、1年後、2年後でも、今よりもっとt楽しむために、今自分で出来る技術の底辺から見直して練習することをお勧めします。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ページ上部へ戻る